BMW ALPINA B4 S BITURBO

The new BMW ALPINA B4 S BITURBO

60年代半ばにブルカルト・ボーフェンジーペンがBMW 1500をパワーアップすることにより築いたベースは、50年を超える歳月を経て、パワフルかつラグジュアリーなセグメントをリードするモデルとなりました。当時のアルピナの卓越した技術と品質を結集した最初の製品は、気品あふれるウェーバーのツイン・キャブレターを搭載したBMWノイエ・クラッセ(Neue Klasse)の4気筒エンジンでしたが、それがさらに進化し、「最高水準」のモデルとして登場することになりました。ニューBMW ALPINA B4 S Bi-Turboは、BMWの素晴らしい遺伝子を受け継ぎつつ、パワーとパフォーマンス、ドライビングの心地良さ、そして効率の面でさらなる高水準を達成しています。

ニュー BMW ALPINA B4 S Bi-Turboは、こうした特性をかつてないほどの高次元で融合させ、スポーティな存在感と控えめなエレガンスの完璧なバランスを実現しています。この3.0リッター直列6気筒エンジンは、新たな見直しによって出力がさらに向上し、最高レベルのパフォーマンスを発揮できるようになりました。さらに、アルピナのアダプティブ・スポーツ・サスペンションとスウィッチ・トロニック付きの8速スポーツ・オートマチック・トランスミッションは、優れた快適性を損ねることなく、傑出したドライビング・ダイナミクスの実現に貢献しています。

ニュー BMW ALPINA B4 S Bi-Turboはモデル・アップデートにより、新たなアクセントとしてわずかに調整を加えたフロントおよびリア・エプロンなど、上品な外観にさまざまなハイライトが演出されています。標準装備のLEDヘッドライトとLEDフォグライトは、走行路面を効率的かつ最適に照らし出し、アルピナらしい外観にも貢献しているほか、テールライトには新しいBMW LEDデザインが反映されています。インテリアもまた見直しが図られ、上質な素材と/デザイン・エレメントが取り入れられ、コンフォート・アクセス、リヤ・ビュー・カメラ、パーク・ディスタンス・コントロールやスルー・ローディング・システムなど、標準装備も非常に充実しています。

Coupe

ニュー B4 S Bi-Turbo Coupéのデザインは、パワフルでスポーティな印象とエレガントな美しさを巧みに融合した、流れるようなフォルムです。そのシルエットは、鍛えられたアスリートを想わせるような特徴的なフロントラインから緩やかに上昇し、ダイナミックな印象を与えるサイドラインを経て、新デザインの優美でワイドなリヤで完結しています。Coupéの0-100km/h加速はわずか4.2秒、巡航最高速度は306km/hに達します。また、12.7km/ℓの平均燃費と180g/kmのCO2排出量を実現し(ECE基準)、燃費性能も優れています。

Cabrio

ニュー B4 S Bi-Turbo Cabrioのデザイン・ハイライトは、ショート・オーバーハング、優美に伸びたショルダー・ライン、ワイドなリヤ、そしてBMW Cabrioletの特徴的なリトラクタブル・ハード・トップ(メタル・ルーフ)です。機能的なエア・インテークを特長とした、新設計のスポーティなフロント・スポイラーのデザインも控えめなリヤ・スポイラーと空力的にパーフェクトに融合しており、オープン・トップの状態でも外観にクリアですっきりとした印象を与えています。ニュー B4 S Bi-Turbo Cabrioの3.0リッター直列6気筒エンジンは最高出力440 PS(324kW)/5,500-6,250rpm、最大トルク67.3kgm(660Nm)/3,000-4,500rpmを発揮し、0-100km/h加速は4.3秒、巡航最高速度は304km/h、12.0km/ℓの平均燃費と190g/kmのCO2排出量(ECE基準)を実現しています。

 

オープン・エアを満喫できるクーペ... 

B4 Bi-Turbo Cabrioのルーフは、ボタン1つの操作によってわずか20秒で閉まり、季節や天候を問わず快適なクーペに姿を変えます。この操作は、18km/h以下で走行中も可能です。
ルーフを閉めたときのシルエットは、Coupéに比べて傾斜の強いリヤ・ウィンドウ、フラットなトランク・リッド、ALPINAリヤ・スポイラーが独特の外観を生み出します。
オーバル・ツイン・テール・パイプのステンレス・スチール製エキゾースト・システムは、中低音域の迫力があるパワフルなサウンドを奏で、オープン・エア・モータリングの醍醐味を一段と引き立てます。

ダイナミックなハンドリング

ALPINAアダプティブ・スポーツ・サスペンションは、コイル・スプリング、補助スプリング、アンチロール・バーに、電子制御式のショック・アブソーバーを組み合わせています。
走行中、4輪のショック・アブソーバーの減衰特性は、走行状態に合わせて個別に制御されます。さらにドライバーは、快適性を重視する設定からダイナミックな運動性能を重視する設定まで、基本の減衰特性を好みで選択できます。

※JC08モードは定められた試験条件での値(JATA/ 公益財団法人日本自動車輸送技術協会による計測値)です。使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。※写真は日本仕様とは一部異なります。また、一部オプションを含みます。