BMW ALPINA B4 BITURBO

BMW ALPINA B4 BITURBO

COUPÉ

B4 Bi-Turbo Coupéのデザインは、パワフルでスポーティな印象と、エレガントな美しさを巧みに融合した流れるようなフォルムです。
鍛えられたアスリートを想わせるシルエットの足元には、時代を超えた20スポーク・デザインのALPINA CLASSICホイールが映えます。センター・ホイール・カバー内にタイヤ・バルブを組み込んだ美しいデザインが、軽快でダイナミックな印象を与えます。そしてリヤ・バンパー・スカートにすっきりと組み込まれたオーバル・ツイン・エキゾースト・テール・パイプが、ALPINA車の魅力を引き立てます。
俊足を誇るB4 Bi-Turbo Coupéの0→100km/h加速は4.2秒、巡航最高速度は303km/hに達します。しかも、傑出した動力性能を発揮するパワー・トレーンは、燃費性能も優れており、JC08モードでの燃費は10.6km/ℓです。

※JC08モードは定められた試験条件での値(JATA/ 公益財団法人日本自動車輸送技術協会による計測値)です。使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。

 

 

CABRIO

B4 Bi-Turbo Cabrioのデザイン・ハイライトは、ショート・オーバーハング、リヤ・エンドで力強い塊感を醸し出すショルダー・ライン、BMW Cabrioletの特徴的なリトラクタブル・ハード・トップ (メタル・ルーフ) です。
ALPINAフロント・スポイラーのスポーティ・デザインは、エンジン・ルームに効率よく冷却風を導きます。さらに、ALPINAフロント・スポイラーとリヤ・スポイラーの組み合わせで揚力が最小化され、車体前後のバランスが極めて良好な洗練された空力性能が得られます。
ルーフを開けると、滑らかな回転マナーの3.0リッター直列6気筒Bi-Turboエンジンが奏でる心地良いサウンドに浸ることができます。最高出力301kW (410PS)、最大トルク600Nm(61.2kgm)のエンジン・パワーは、8速スポーツ・オートマチック・トランスミッションを介して後輪に伝えられます。B4 Bi-Turbo Cabrioの0→100km/h加速は4.5秒、巡航最高速度は301km/hです。そして、JC08モードでの燃費は10.6 km /ℓです。

※JC08モードは定められた試験条件での値(JATA/ 公益財団法人日本自動車輸送技術協会による計測値)です。使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。

 

オープン・エアを満喫できるクーペ... 

B4 Bi-Turbo Cabrioのルーフは、ボタン1つの操作によってわずか20秒で閉まり、季節や天候を問わず快適なクーペに姿を変えます。この操作は、18km/h以下で走行中も可能です。
ルーフを閉めたときのシルエットは、Coupéに比べて傾斜の強いリヤ・ウィンドウ、フラットなトランク・リッド、ALPINAリヤ・スポイラーが独特の外観を生み出します。
オーバル・ツイン・テール・パイプのステンレス・スチール製エキゾースト・システムは、中低音域の迫力があるパワフルなサウンドを奏で、オープン・エア・モータリングの醍醐味を一段と引き立てます。

ダイナミックなハンドリング

ALPINAアダプティブ・スポーツ・サスペンションは、コイル・スプリング、補助スプリング、アンチロール・バーに、電子制御式のショック・アブソーバーを組み合わせています。
走行中、4輪のショック・アブソーバーの減衰特性は、走行状態に合わせて個別に制御されます。さらにドライバーは、快適性を重視する設定からダイナミックな運動性能を重視する設定まで、基本の減衰特性を好みで選択できます。

※JC08モードは定められた試験条件での値(JATA/ 公益財団法人日本自動車輸送技術協会による計測値)です。使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。※写真は日本仕様とは一部異なります。また、一部オプションを含みます。