BMW ALPINA B5 BITURBO

シャシー & サスペンション

ALPINAモデルのドライブ・フィールは独特で、パワフルでありながらも扱いやすく、ハンドリングのしやすさを感じられます。そのために重要な役割を果たしているのが、洗練されたサスペンション・セットアップです。優れた快適性を生み出すだけでなく、卓越したドライビング・ダイナミクスとスポーツ性も両立し、これがALPINAならではの走行快適性につながっています。

アルピナ社のエンジニアは、広範囲に及ぶ開発により、サスペンションをニューBMW ALPINA B5 Bi-Turboのハイ・パワーとダイナミックな運動性能に対応できるように調整しました。サスペンション開発チームの目標は、長距離走行時の快適性を従来と同等以上に維持しつつ、先代モデルのスポーツ性能と左右方向ダイナミクスの水準をさらに引き上げることでした。

サスペンションのスポーティな特性に大きく関わる電子制御式ダンパーは、スプリングをより短く、硬めに設定しています。ドライビング・エクスペリエンス・コントロール・スイッチにより、リバウンド時とバウンド時のダンパーの減衰力を電子的に調整でき、ダイナミックな運動性能を最大化する「スポーツ・プラス」モードから、穏やかなレスポンスでスムーズな走行を楽しめる「コンフォート・プラス」モードまで幅広い設定が可能です。ニュー BMW ALPINA B5 Bi-TurboのTouringはリヤ・アクスルにエア・サスペンションを装備しており、積載量の変化に関係なく、常に理想的な車高を実現します。

ダイナミクス

あらゆる条件下で最高のハンドリングを実現するために、ニュー BMW ALPINA B5 Bi-Turboでは、鍛造の20インチ・アルピナ・クラシック・ホイールとPirelli(ピレリ)の高性能コンビネーション・タイヤを組み合わせています。

Pirelli(ピレリ)社の開発チームがアルピナ社に、1985年から途絶えていた両社の協力関係をニューBMW ALPINA B5 Bi-Turboのために再開させることを提案し、今回の共同開発が実現しました。フロントにはサイズ255/35ZR20、リヤにはサイズ295/35ZR20(Touring:285/30ZR20)の超高性能コンビネーション・タイヤが装着されます。ALPの文字付きのPirelli P Zeroは、アルピナ社の要望に基づいてニュー BMW ALPINA B5 Bi-Turbo用に開発されたもので、スポーティさと優れた快適性を両立させています。モータースポーツから採用されたタイヤ技術が、フラットなショルダー・アウトラインと革新的なトレッド・プロファイルとともに、際立った左右方向ダイナミクスと正確なステアリング特性、さらに低摩耗とウエット路面での優れた走行特性を実現します。これらすべての特徴から、Pirelli P Zero はあらゆる条件下において、ニュー BMW ALPINA B5 Bi-Turboの性能を余すところなく引き出します。

インテグレイテッド・アクティブ・ステアリング

ニューBMW ALPINA B5 Bi-Turboに初めて、高性能なパワー・トレインと4WDシステムを組み合わせ、軽やかでダイレクトなハンドリングを実現するインテグレイテッド・アクティブ・ステアリングが採用され、状況に合わせて高度にダイナミックなドライビング体験を堪能できるようになりました。このステアリングは、可変ステアリング・ギヤ・レシオにより電気的にサポートされるフロント・アクスル・ステアリングと、最大±2.5°の舵角で制御される電気機械式リヤ・アクスル・ステアリングで構成されています。アルピナのサスペンションとPirelli(ピレリ)社製の高性能タイヤに合わせて特別に調整されたこのシステムの場合、低速域では後輪が素早く前輪と逆方向に操舵され、クイックでニュートラルなハンドリング特性が得られます。それに対し、高速域では後輪と前輪が同じ方向に操舵され、卓越した高速安定性と直進安定性を実現できます。

 

 

セーフティ

ニューBMW ALPINA B5 Bi-Turboは高水準の快適性とスポーツ性能を提供し、高速走行時もニュートラルな走行特性と優れた安定性を実現するため、大きな安心感が得られます。

アルピナ・モデルに合わせて特別開発された電子制御式スタビリティー・コントロール・システムは、あらゆる影響因子を考慮して調整されており、ハイ・パワーと高トルクを確実かつ効果的に路面に伝えます。

特に高速走行時には、空力的な特性が走行安定性を大きく左右します。そこで、「形態は機能に従う(Form Follows Function)」という原則に従い、揚力を可能な限り抑え、ニュートラルな走行特性を実現できるよう、フロント・スポイラーやリヤ・スポイラーなどのエアロ・パーツは特殊な設計を採用し、相互調整されています。


最適な減速を実現

ブレーキ・システムの役割は、高速域からでも安全かつ快適に車両を減速させることです。ニューBMW ALPINA B5 Bi-Turboのブレーキ・システムは、優れたベンチレーション効果を実現する大径ブレーキ・ディスクを装備し、卓越した制動性能を発揮します。 特にフロント・アクスルの4ピストン固定キャリパーと395mm径のブレーキ・ディスク、ならびにリヤ・アクスルのフローティング・キャリパーと398mm径のブレーキ・ディスクが最適な減速を約束します。ブレーキ・キャリパーは外観に合わせてアルピナ・ブルーに塗装されており、フロント・キャリパーには「ALPINA」のロゴが入っています。

特にスポーティさを求めるドライバーは、車両にオプションのブレーキ・システムを装備することができます。このシステムは軽量構造のドリルド・ローティング・ブレーキ・ディスクと高性能のブレーキ・パッドを組み合わせたもので、サーキットなどで極めて高い負荷がかかる場合でも耐フェード性を向上させます。

※写真は日本仕様とは一部異なります。また、一部オプションを含みます。