BMW ALPINA D5 S

トランスミッション

卓越した出力特性 – ベンチマークとなる走行快適性

ニューBMW ALPINA D5 Sには、最新世代のアルピナ・スウィッチ・トロニック付き8速スポーツ・オートマチック・トランスミッションが採用されています。トランスミッション開発のエキスパート、ZF(ゼットエフ)社との協力から生まれた8HP76トランスミッションは、エンジンから発せられる高いトルクに耐えるように特別設計されています。変速に要する時間はわずか0.1秒、どんなシーンにおいても瞬時に動力を伝達し、比類ない快適性を実現しています。

 

 

ALPINA SWITCH-TRONIC

ドライバーは、ステアリング・ホイールの裏に配置されているアルピナ独自のスウィッチ・トロニック・ボタンを使用して、マニュアルでシフトチェンジすることも可能です。また、スポーツ・プラス・モード選択時においては、シフトアップは自動で行われずレッドゾーンまで回転し、シフトアップは、ドライバーのマニュアル操作へと委ねられます。今回、新たにCNCを用いてアルミニウムから削り出した、マット・ブラック仕上げの人間工学的に最適化されたスウィッチ・トロニック・シフト・パドルをオプションで用意しています。

 

 

※記載のデータは、メーカー公表値のため国土交通省届出値と異なる場合があります。
※写真は日本仕様とは一部異なります。また、一部オプションを含みます(日本仕様は右ハンドル車のみの設定となります)。
※本仕様は予告なく変更する事があります。