第46回 東京モーターショー2019 アルピナ ブース出展概要

 

わたくしどもは1987年のアルピナ初出展以来、連続して17回目となる、第46回東京モーターショー2019に出展いたします。

あわせて、本年は日本におけるアルピナ1号車であるB7 Turbo上陸から40周年という記念すべき年を迎えることができました。
これもひとえに長きに渡りご支援、ご愛顧をいただいているお客様、皆様の御蔭と感謝・御礼を申し上げる次第です。

世界中の自動車メーカーの多くが東京モーターショーへの出展を見合わせている中、特に今般はアルピナファン皆様への感謝の意を込めた出展となります。

アルピナ・ブースではワールド・プレミア1台、ジャパン・プレミア1台を含む、すべてがニュー・モデルとなる計4台を展示いたします。
ニューモデルが一堂に会するこの特別な機会に、ぜひご高覧いただきますようご案内申し上げます。


第46回 東京モーターショー BMW ALPINAブース

 

【ワールド・プレミア】

BMW ALPINA B3 Limousine Allrad (AWD)

ニューBMW ALPINA B3 Limousineは、新時代の幕開けを告げるニュー・モデルです。いかなる道やコーナー、そしていかなる走行状況であっても、エキサイティングなダイナミクス、正確なハンドリングと卓越したドライビング・エクスペリエンスを感じさせてくれます。サスペンション /シャシー・テクノロジーの進歩と最先端のエンジン / トランスミッション・テクノロジーを融合させ、まったく新たなレベルのドライビング・パフォーマンスを生み出しています。

 

 

 

【ジャパン・プレミア】

BMW ALPINA XD4 Allrad (AWD)

アルピナは、2つの領域を極めたエキサイティングなSUVクーペ、ニューBMW ALPINA XD4をモデル・ラインナップに加えました。このニューBMW ALPINA XD4には、スポーティなダイナミズムを感じさせる、際立った存在感と独特な魅力を備えたクーペのようなシルエット、卓越した走行快適性、高めのシート位置など、誰もがSUVに期待するものすべてが揃っています。さらに、比類ないディーゼル・エンジンと最新の排出ガス後処理技術を採用し、スポーツ性の新たな側面を垣間見せてくれます。

 

BMW ALPINA B7 Limousine Allrad (AWD)

シャープさとラグジュアリー、さらなる性能をまとったニューBMW ALPINA B7はアルピナ・モデルのフラッグシップとして新たな時代を迎えることになりました。ニューBMW ALPINA B7の美しいデザインは、ラグジュアリーな優雅さとダイナミックな存在感の絶妙なバランスを生み出しています。新世代の4.4リッターV8 エンジンを搭載し、447kW〔608PS〕の最高出力と800Nm〔81.6kgm〕の最大トルクを発生させます。低回転域での大幅なパワーとトルクの向上、そして高度なトランスミッション技術により、ニューBMWALPINA B7は静止状態からわずか3.6 秒で100km/hまで加速し、巡航最高速度は330km/hに到達します。

 

 

 

 

BMW ALPINA XD3 Allrad (AWD)

ニューBMW ALPINA XD3は先代モデルの成功を引き継ぎ、性能、ドライビング・ダイナミクスと使い勝手の良さを新たなレベルに引き上げています。日々の生活での実用性、高めのシート位置、比類ない走行快適性、ダイナミックなハンドリングなど、すべてが洗練された形でモダンかつ最先端のデザインに溶け込んでいます。また、クラス最高のドライビング・パフォーマンスを発揮する最先端のディーゼル・エンジンと最新の排出ガス後処理技術を採用しており、さまざまなライフスタイルに完璧にマッチする日常のパートナーとなります。

 

 

 

 

Tokyo Motor Show 2019 ALPINA Press Conference

Tokyo Motor Show 2019 ALPINA Press Conference

 

アルピナについて

 

ブルカルト・ボーフェンジーペンが1965年にアルピナ・ブルカルト・ボーフェンジーペン有限&合資会社(ALPINA Burkard Bovensiepen GmbH + Co KG)を設立して以来、ブッフローエは、独立資本の家族経営企業がBMW社とのパートナーシップを通じて開発・製造する、BMW車をベースにしたハイ・エンド・モデルを生み出す本拠地として広く知られています。この緊密なパートナーシップが、アルピナ・ブランドの持続的な成功の基礎となっています。
アルピナ・モデルはいずれも、量産の高度な品質基準と安全基準を満たしながらも、細部まで技術の粋を結集した仕上がりとなっています。なお、アルピナはすでに1983年に、ドイツ政府自動車局によって自動車製造業者として登録されています。
控え目なエレガンスはアルピナのブランド哲学の中核を担っており、快適性に重点を置いたインテリア、平均を上回るドライビング・パフォーマンス、そしてスポーティでありながらも控え目な外観にもよく表れています。
BMW ALPINAモデルは路上、レーストラックのいずれでもセンセーションを幾度も巻き起こし、輝かしい自動車史にその名を残しています。創業者のブルカルト・ボーフェンジーペンは現在、息子のアンドレアスとフロリアンとともに運営を行っています。