BMW ALPINA XD3 BITURBO

シャシー & サスペンション

BMW ALPINAモデルのドライビング体験は独特です。パワフルでありながら、扱いやすい素直なドライブ・フィールが最も印象に残ることでしょう。卓越したドライビング・ダイナミクスとニュートラルなハンドリング、そしてどこまでも滑らかな乗り心地、ALPINA独特のドライブ・フィールには、洗練されたサスペンションとシャシーのセットアップが重要な役割を果たします。この素晴らしいフィーリングこそ、さまざまな場面で絶賛されてきたALPINA車のドライビング・コンフォートです。

ALPINAアダプティブ・スポーツ・サスペンションは、コイル・スプリング、補助スプリング、アンチ・ロール・バーに、電子制御式のショック・アブソーバーを組み合わせています。
走行中、4輪のショック・アブソーバーの減衰特性は、走行状態に合わせて個別に制御されます。さらにドライバーは、快適性を重視する設定からダイナミックな運動性能を重視する設定まで、減衰特性を好みで選択できます。

ダイナミック

BMW ALPINAモデルが装着する大径ホイール&タイヤの組み合わせや、ラバー・ブッシュの弾性変形に合わせてセットアップしたキャンバーおよびトーが、走行安定性、ステアリング・コントロール性、そして機敏なハンドリングを生み出します。すべてのBMW ALPINAモデルは、MICHELIN Pilot Super Sportタイヤを標準装着しています。この高性能タイヤは、ALPINA車の各モデル・キャラクターに相応しいパフォーマンスを発揮し、トラクション、ウェット&ドライ・グリップ、耐久性においてベンチマークとなります。なお、すべてのBMW ALPINAモデルのタイヤは、より優れた乗り心地を追求するためにラン・フラット技術を採用していません。

電子制御式ショック・アブソーバーの基本的な減衰特性をボタン操作で選択できるドライビング・パフォーマンス・コントロールは、ドライビング・ダイナミクスに影響を与える他の電子制御システムの作動モードも同時に切り替えます。車両の装備仕様に応じて、例えば電動パワー・ステアリング、スタビリティー・コントロール・システム、そして4WDシステムの可変トルク配分制御の作動モードを切り替えることができ、制御特性の明らかな違いを感じ取ることができます。

 

 

セーフティ

BMW ALPINAモデルは、高速巡航中も快適性やスポーティなドライビング・ダイナミクスを維持します。そして、常にニュートラルなハンドリング特性が、走行安定性と安全性に貢献します。
電子制御のスタビリティー・コントロール・システムのソフトウェアは、BMW ALPINAモデルのために専用開発しています。その開発の目的は、ALPINAエンジンのハイ・パワー&トルクを安全かつ効率的に路面に伝えることです。
走行姿勢を安定させたいとき、特に高速走行中の安定性の向上には、エアロダイナミクスが極めて重要です。そこでALPINAのフロント・スポイラーなどエアロダイナミクス・パーツは、「形態は機能に従う」 の原則に従い、揚力を可能な限り低減することを目標に開発されます。その成果が、極めてニュートラルなハンドリングで示されます。
ブレーキ・システムの役割は、高速域からでも安定した制動性能を発揮し、安全かつ快適に車両を減速させることです。すべてのBMW ALPINAモデルは、洗練された冷却システムを備える大径ブレーキ・ディスクなど、卓越した制動性能のブレーキ・システムを装備しています。また、ブレーキ・ペダルを踏む足先への繊細なフィードバックや、運転快適性を優先するため、標準的なディスク・ブレーキを採用しています。

※日本仕様は右ハンドル車のみの設定となります。※写真は日本仕様とは一部異なります。また、一部オプションを含みます。