BMW ALPINA D5 S

トランスミッション

パワーを効率的に伝達するために、ニューBMW ALPINA D5 Sはアルピナ・スウィッチ・トロニック付きの最新世代の8速スポーツ・オートマチック・トランスミッションを搭載しています。このトランスミッションは、直列6気筒ディーゼル・エンジンのトルクと性能に合わせて緻密にセッティングされ、抜群の快適性を実現します。

8速スポーツ・オートマチック・トランスミッションとアルピナならではの低回転域における高トルクにより、高速走行時でも無理なくリラックスできる、燃費にも優れたドライビングが可能になり、長距離でも快適性を保てます。また、トランスミッションのあらゆるコンポーネント(トルク・コンバーター、ロックアップ・クラッチ、プラネタリー・ギヤ・セット、内部冷却システムなど)はエンジンの高トルクに合わせて設計されています。このため、ローンチ・コントロール使用時やマニュアル・モードで最もスポーティな設定に調整している場合にも、トルクダウンの少ない迅速なギヤ・チェンジが可能になっています。こうしたことが、ニューBMW ALPINA D5 Sの0-100km/h加速が4.4秒という速度に大きく貢献しています。

トランスミッションには、コネクテッド・シフト(トラフィック・ルーティングをベースにした予測シフト戦略にナビゲーション・データを活用)やコースティング(アクセル・オフ時にエンジンとトランスミッションを切り離した惰性走行)など、BMW EfficientDynamics/コンフォート関連の最新の技術が反映されています。

トランスミッション - 作動モード

アルピナ・スウィッチ・トロニック付きの8速スポーツ・オートマチック・トランスミッションには、ドライバーの好みと走行条件に合わせて3種類の走行モードが用意されています。

オートマチック・モードは、8段ギヤと低回転域での高トルクを組み合わせ、変速中も快適なドライビングをリラックスして楽しめます。

スポーツ・モードでは、変速ポイントが優れたドライビング・パフォーマンスを実現するために最適化されており、変速動作がよりダイナミックに感じられます。このモードの時にローンチ・コントロールを作動させることもできます。ダイナミックなドライビングを最大限に楽しみたい場合には、ステアリング・ホイール裏のスウィッチ・トロニック・ボタンを使い、マニュアル操作で変速を実行するマニュアル・モードが最適です。このモードでは、変速に要する時間が約0.1秒にまで短縮され、エンジン回転数が限界領域に入っても自動的にシフトアップされることはありません。

 

 

※日本仕様は右ハンドル車のみの設定となります。※写真のiDriveコントローラーは日本仕様とは異なります。※写真は日本仕様とは一部異なります。また、一部オプションを含みます。