BMW ALPINA B7 BITURBO

インテリア・デザイン

BMW ALPINA B7 Bi-Turboのインテリア・デザインは、ラグジュアリーな雰囲気、上質な素材、現代的な明るさが特徴です。

厳選した高級ナッパ・レザー、コンフォート・シート、革張りのインストゥルメント・パネル、ソフト・クローズ・ドアといった幅広い標準装備品が、最大限の満足感と快適性を提供します。さらに快適な運転をサポートするため、BMW ALPINA B7 Bi-Turboではフル・カラーのヘッドアップ・ディスプレイやリヤビュー・カメラといった高機能装備を採用しています。画期的で直感的な操作が可能な最新のBMWナビゲーション・システムも標準装備です。

アルピナの控え目なディテールが、インテリアのラグジュアリーなムードと個性に華を添えます。極めて高品質のLAVALINAレザーを贅沢に使い、ブルーとグリーンのステッチが施された手仕上げのスポーツ・ステアリング・ホイールは、その柔らかな感触がアルピナならではの快適性を主張します。現代的なピアノ・ラッカー仕上げ、伝統的な高級木材のミルテ、アルピナ独自のインテリア・トリム、青く光るドア・シル・プレート、B7モデル・バッジ、アルピナ・プロダクション・プレートなどが、BMW ALPINA B7 Bi-Turboを特徴づけます。

 

 

アルピナモデルにおいて、お客様の個性を反映させるためのカスタマイズに基本的に制限はありません。インテリア・トリムのペイント・ワーク、シート・カラーや仕上げなど、ベース・モデルのBMWに設定される全オプション・プログラムに加えて、アルピナが独自に設定する幅広いバリエーションが選択肢を広げます。事実、ブッフローエから旅立つBMW ALPINAモデルのほぼ全車が、アルピナの提供する何らかのカスタマイズ・プログラムによって仕立てられています。「お客様がインテリアをデザインできる」 ことがアルピナの哲学であり、アルピナ・レザー・ワークショップの熟練工が、それを実現します。

 

 

インストルメント・パネル

デジタル・メーター

インテリア装備のハイライトは、アルピナ独自のデザインを特徴とする、LEDテクノロジーを用いたフル・カラーのデジタル・メーター・パネルです。コンフォート・モードでは、ブルー・パネルに赤い指針、判別しやすい数字を組み合わせたクラッシクなデザインになります。スポーツ・モードでは、グリーンの帯状の表示を用いた、より斬新なデザインになります。ECO PROモードを選ぶことも可能です。中央に配置したデジタル・スピード・インジケーターが、アルピナらしさを表します。

※日本仕様は右ハンドル、後輪駆動のみの設定となります。※写真は日本仕様とは一部異なります。また、一部オプションを含みます。