BMW ALPINA B6 BITURBO

エクステリア・デザイン

BMW ALPINAモデルのデザインは、BMWのデザイン要素を理解した上で進化させ、ALPINAらしさを巧みに融合しています。BMW ALPINAの外観は、パワフル、ダイナミック、自信に満ちた大胆さとさりげなさ、というブランド・バリューを反映しています。

ALPINAにとって伝統のブルーとグリーンは、ブランドの歴史を彩るカラーです。そして、このブランド・カラーをベースにしたオプションのメタリック・ボディ・カラーが、ALPINAブルーとALPINAグリーンです。この他にもBMW ALPINAモデルは、BMWおよびBMW Individualで設定されている豊富なバリエーションのボディ・カラーを選択できます。

エアロダイナミクス

すべてのBMW ALPINAモデルは、テクノロジーとスタイリッシュをキーワードにした美しいデザインが与えられ、世界中のALPINAファンを魅了します。また、エクステリア・デザインは見た目の美しさを表現する要素ですが、ALPINA車のエクステリア・パーツの構造や形状は、エアロダイナミクスを向上するための機能として重要な役割を持っています。
ALPINAロゴが映えるフロント・スポイラーの形状は、パワフルなターボ・チャージド・エンジンに必要なハイ・パフォーマンス・クーリング・システムに効率よく冷却風を導きます。さらに、ALPINAフロント・スポイラーとリヤ・スポイラーの組み合わせで揚力が最小化され、車体前後のバランスが極めて良好な洗練された空力性能が得られます。この空力性能は、特に高速走行において、走行安定性と安全なハンドリングを実現する中核的な要素です。
最後にALPINAリヤ・バンパー・スカートが、左右対称4本出しのエキゾースト・テール・パイプを取り囲み、リヤ・ビューの美しさを引き立てます。

ALPINA CLASSICホイール

BMW ALPINAモデルの外観を特徴づけるALPINA CLASSICホイールは、おそらく市場で最も認知されたアイキャッチ・ポイントであり、BMW ALPINAモデルを識別するデザイン・アイコンでしょう。
伸びやかな20スポーク・デザインは、40年以上に及ぶALPINAの伝統であり、優美な印象を与えます。ところでALPINA CLASSICホイールが誕生した当初、この20スポーク・デザインは機能の追求から生み出されました。それは最大強度と軽量化のバランスです。その後、ロック付のセンター・ホイール・カバーの採用やリム・デザインの変更など、時代とともに進化してきました。タイヤ・バルブがセンター・ホイール・カバー内にあり、エアは中空構造のホイール・スポークを通ってタイヤに充填されます。
今日、ALPINA CLASSICホイールはモデル別に19~21インチ・サイズがラインナップされ、BMW ALPINAモデルの優美で独創的な外観を引き立てます。

ALPINAデコセット

BMW ALPINAモデルの外観を特徴づけるALPINAデコセットは、1970~80年代の活躍に対するオマージュである以上に、多くのALPINAファンに親しまれているブランドの伝統を受け継ぐデコレーション・ストライプです。

ALPINAデコセットは、シルバーまたはゴールドの2色が設定されており、ピン・ストライプに似た美しい水平ラインがBMW ALPINAモデルの個性を際立たせます。

 

 

 

 

※写真は日本仕様とは一部異なります。また、一部オプションを含みます。