BMW ALPINA B5 BITURBO

パワー・トレーン

BMWの最先端のエンジン技術とアルピナの入念な開発により、ニュー BMW ALPINA B5 Bi-Turboの出力とトルクがまったく新たな次元に到達しました。ビ・ターボ・チャージング、高圧ガソリン・ダイレクト・インジェクション、バルブトロニック可変バルブ制御システムを採用した最新世代の4.4リッター8気筒エンジンは、5,750~6,250rpmの回転域で608 PS(447kW)の最高出力を発生し、早くも3,000rpm時に最大トルク81.6kgm(800Nm)を発揮します。

その走行性能は息をのむほどで、ニュー BMW ALPINA B5 Bi-Turboは発進からわずか3.5秒(Touringは3.6秒*)で100km/hまで加速し、これまでのアルピナ車の中で最高の加速力を発揮します。また、巡航最高速度も330km/h(Touringは325km/h*)に達します。

(* 暫定値 – 予告なく変更される場合があります。)

エンジンは全回転域にわたって卓越した圧倒的な駆動力を発生し、低回転域でも優れたレスポンスと高トルクを実現するため、いかなる走行状況においてもアクセル・ペダルを軽く踏むだけで力強い加速が得られます。

エンジンの高い出力は、数十年にわたって培われてきたアルピナ社の開発力の成果であり、特にターボ過給やブースト・エア・ガイドの領域、冷却システムなど、洗練された数多くのディテール・ソリューションを採用することで、アルピナならではの卓越した出力特性を実現しています。

ビ・ターボ・チャージングは、V型8気筒エンジンのバンク内に配置された独自開発の2基のターボ・チャージャーで構成されツイン・スクロール・タービン・ハウジングは流量を最適化した構造となっており、大型コンプレッサー・ホイールを備えています。低回転域から排気ガスのエネルギーを効率的に過給に利用することで瞬時にパワーを生み出し、高トルクが得られるため、低回転域でも優れたレスポンスを実現できます。

 

アルピナ・インテーク・システムは、ノン・フィルタリング・エア・ガイドからインテーク・サイレンサー、フィルタリング・エア・チャンバーに至るまで、最大限の効率を発揮できるように設計されています。高性能冷却システムも同じく高い効率を発揮できるよう設計され、大型ラジエーターと最適化されたクーラント・ガイドを装備することで、最大の流量を可能にしています。また、吸気経路を短縮するために水冷式のインタークーラーが採用され、エンジンの前に配置されたラジエーターとエンジンに隣接配置した高性能なインタークーラー(空気/水/空気)で構成されています。この冷却システムは外側に配置されたラジエーターと連携し、高負荷連続運転時でもV8 Bi-Turboエンジンの温度の安定性の維持に寄与します。

 

 

4WDシステム

ニューBMW ALPINA B5 Bi-Turboに初めて採用される4WDシステムは、インテリジェントなBMW xDriveシステムがベースとなっています。このシステムは、電子制御により駆動力をリヤ・アクスルとフロント・アクスルに無段階かつ連続可変で配分し、あらゆる路面状況で最大のトラクションを生み出します。

トルク配分はサスペンションと連携して積極的に可変制御され、またスポーティな特性に合わせてリヤ側を重視し設定となっており、俊敏性の向上とニュートラルなハンドリングに大きく貢献しています。ダイナミック・トラクション・コントロールはDSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)モードを拡張したもので、スポーツ性を求めてやまないドライバーのために4WDシステムのトルク配分をさらにリヤ寄りにし、限界領域でのテールスライド時にとっておきのドライビング・プレジャーをもたらします。

 

 

エキゾースト・システム

ステンレス・スチール製のアルピナ・スポーツ・エキゾースト・システムは、排ガス圧力を低減し、迫力あるスポーティなサウンドを特徴としています。フラップ制御を備えており、情熱的なサウンドを奏でるスポーティなモードと快適性を重視した静粛性の高いモードを選べるため、最適な走行快適性が得られます。エキゾースト・システムの外観はアルピナならではのデザインで、2組のツイン・テール・パイプがリヤ・エプロンに上品かつスタイリッシュに収納されています。

※写真は日本仕様とは一部異なります。また、一部オプションを含みます。