BMW ALPINA B4 S BITURBO EDITION 99

アルピナの時代

1965年にブルカルト・ボーフェンジーペンが創設し、比類なき自動車の開発と製造に情熱を注いできた会社であるアルピナ。
卓越したドライビング・パフォーマンス、ラグジュアリーな空間のインテリア、控えめでありながらもスポーティなエクステリア・デザインなど、上質を求める人のための自動車。控えめなエレガンスはいつの時代もアルピナが生み出すモデルの特徴であり、今日まで変わらず貫かれてきた哲学でもあります。アルピナは50年以上の長きにわたり、マス・マーケットに対する小さなアンチテーゼを旨としてきました。これまで送り出されてきた数々のセンセーショナルなBMW ALPINAモデルは一般道だけでなく、サーキットにおいても、自動車業界のマイルストーンとして高く評価されています。

現在に至るまで類稀なものを象徴してきた、製造台数を大幅に抑えた特別なリミテッド・エディション・モデルの長い伝統を振り返ると、世界中のコレクター、ファン、レーシング・ドライバーの間でいずれも高い人気を博してきました。EDITION 99はこの伝統を受け継ぐべく、最新のBMW ALPINA B4 S Bi-Turboモデルをベースにしています。99台限定生産のこのリミテッド・エディションにはCabrioとCoupéの2つのバージョンがあります。

エクステリア・デザイン

アルピナらしさを感じさせながらも、まったく異なる魅力を放つ:EDITION 99は、画期的かつダイナミックな外観と特徴的なデザインで、すぐにそれとわかるモデルとなっています。ブラック・ハイグロス仕上げのトリム・エレメントが、グリージョ・メディオやファイヤー・オレンジといったエクステリア専用オプションのボディ・カラーと結び付き、現代的な独特のアクセントを生み出しています。また、フェリック・グレーの20インチ鍛造アルピナ・クラシック・ホイールは、EDITION 99のスポーティな美しさを巧みに強調しています。オプションではマット・ブラック、マット・ブルーの2種類の専用ALPINAデコセットが用意されており、エクステリアのボディ・カラーに繊細なコントラストを加え、ニュアンスのあるデザインに仕上げることができます。

トレンドと伝統を体現:EDITION 99のエクステリアは、厳選された5種類のボディ・カラーの中から選択いただけます。クラシックなアルピナ・ブルー、魅力的なグリージョ・メディオ、確かな主張を感じさせるファイヤー・オレンジのほか、ブラック・サファイアとミネラル・ホワイトもカラーに加わりました。これらのボディ・カラーにブラック・ハイグロス仕上げのトリム・エレメント、さらにオプションのマット・ブラックまたはマット・ブルーのデコセットを組み合わせることで、特別モデルとしての個性を保ちつつ、カスタマイズした自分だけのデザインに仕上げることができます。

伝統に囚われない外観:70年代に成功を収めた歴史的なBMW ALPINAレーシング・カーのデザインをベースとしており、特別なボディ・カラーであるファイヤー・オレンジと伝統的なデザイン・オプションを組み合わせることができます。ここで選択したボディ・パネルはアンソラジットのラップ・フィルム仕上げが施され、ツートン・カラーのデザインをフェリック・グレーの20インチ アルピナ・クラシック・ホイールが引き立てます。

インテリア・デザイン

小さなディテールに大きな喜び

専用の装備、最上級クラスのクラフトマンシップ、上質なディテールがEDITION 99のインテリアの特徴となっています。エレガントなアルピナ・ピアノ・ブラックのほか、オプションとしてアルカンタラ・アンソラジットまたはカーボン調レザーのインテリア・トリムが用意されています。

さらに、EDITION 99の魅力的な特徴として挙げられるのは、無垢のアルミニウムから削り出したブラックの新しいスウィッチ・トロニック付きシフト・パドルです。その人間工学に配慮したフォルムは、ステアリング・ホイールのさまざまなグリップ・ポジションにマッチします。

ラヴァリナ・レザーを手作業で仕上げたアルピナ・スポーツ・ステアリング・ホイールには、エクステリアのボディ・カラーにマッチしたステッチが施されているほか、フロア・マットとトランク・マットはすべてブラックの縁取りのレザーを用いた手仕上げとなっています。また、エンジンルームとセンター・コンソールには、EDITION 99 プロダクション・ナンバーを刻印した特別限定モデル専用のプロダクション・プレートが装備されています。

クラフトマンシップを「標準装備」

Coupéはハーフシェル・タイプの調節可能な電動スポーツ・シートを装備し、優れたラテラル・サポートを実現しています。

専用のシートには、外側にメリノ・レザー・ブラック、シート中央部分にアルカンタラ・アンソラジットを配したデザインを採用し、快適性を最大限に高めています。

ラグジュアリーとエレガンスを強調するために、Cabrioのシートにはブラック、ゴールド・ブラウン、カシミア・ベージュ、ナツメグ、オパール・ホワイトの5色から選べるメリノ・レザーと、レザー・フィニッシュド・インストゥルメント・パネルを標準装備としてご用意しており、格調高いインテリアに仕上げられています。


シャシー&サスペンション

特徴をそのままに:Cabrioは完成度の高いアダプティブ・サスペンションを装備し、スポーツ・カーの遺伝子、優れた乗り心地、絶妙にバランスの取れたハンドリングを融合した卓越したドライビング・エクスペリエンスを提供します。一方のCoupéは、細部まで見直されたアルピナ・スポーツ・サスペンション・プラスを装備し、傑出した俊敏性とドライビング・ダイナミクスを実現しています。フロント、リヤ共に強化されたボディは、ねじり剛性が格段に向上し、ダイレクトなシャシー・レスポンスとフィードバックが得られます。

また、ばね定数を引き上げた補助スプリング、ブッシング、スタビライザーとコネクティング・リンクを採用することでボディのロールを抑え、ダイナミクスの限界を押し広げています。バランスの良いニュートラルなセルフ・ステアリング特性はそのままに、ハンドリングの精度と回頭性が著しく向上しています。このほかに、電子制御式ショック・アブソーバーのソフトウェアのプログラミングも最適化され、結果的に純粋なドライビング・プレジャーへとつながっています。


ドライブ・トレイン

クラス最高レベル:ダイレクト・インジェクション・システムを装備した最先端の3.0リッター直列6気筒ビ・ターボ・エンジンは、並外れたドライビング・パフォーマンスを発揮します。EDITION 99専用としてAkrapovic(アクラポビッチ)社と共同で開発した軽量のチタン製エキゾースト・システムを組み合わせ、332 kW(452PS)の最高出力と、3,000 ~ 4,500 rpmという非常に幅広い回転域でクラス最高となる680 Nmの最大トルクを発生します。驚異的な「ミッドレンジの牽引力」を印象付けるドライブ・トレインは、アルピナならではのドライビング・エクスペリエンスの重要な特徴となる、いつでも軽やかに発揮する卓越したパフォーマンスをもたらします。EDITION 99モデルは、静止状態からわずか4.2~4.3* 秒で100 km/hまで加速し、巡航最高速度は304~306* km/hを誇ります。また、11.0 km/l の平均燃費(ECE基準)と207 g/kmのCO2排出量 を実現しています。テクノロジー、美学、そしてエモーションを背景に、エキゾースト・システムをチタン製にすることで重量を7 kg削減し、サラブレッドならではの堂々たるエンジン音を生み出しています。さらに、手作業で溶接したツイン・エキゾースト・テール・パイプは美しいマットなチタン仕上げとなっています。

* Coupéは4.2秒 / 306 km/h、Cabrioは4.3秒 / 304 km/h。

選ぶ楽しみを感じさせてくれる豊富な選択肢

EDITION 99モデルの強大な出力は、アルピナ・スウィッチ・トロニックを備えたZF製8速スポーツ・オートマチック・トランスミッションによってリヤ・アクスルに伝えられ、快適性重視のリラックスした走行スタイルはもちろん、極めてダイナミックな走行スタイルにも対応できます。

EDITION 99モデルは、オプションでリミテッド・スリップ・ディファレンシャルを組み合わせることができます。手仕上げならではのモータースポーツ・クオリティを発揮するトルク感応型の機械式ディファレンシャルは、最適なトルク配分によりホイールの空転を抑えてグリップ力を回復させます。たとえばダイナミックなコーナリング時には、トラクションを向上させて確実に駆動力を路面に伝えます。リミテッド・スリップ・ディファレンシャルは一般的に、ドライビング・ダイナミクスが顕著に向上するため、特にスポーティな走行スタイルのドライバーに好まれています。


B4 S Bi-Turbo Coupé / Cabrio

EDITION 99の系譜。高いパフォーマンスと、クーペ/カブリオならではの優雅さを併せ持つモデル。最大トルク660 Nm(67.3kgm)、最高出力324kw(440PS)という同セグメントにおける新たな基準を打ち立て、高性能ディーゼル・エンジンと同レベルのトルクをもたらします。

» B4 S Bi-Turbo Coupé / Cabrio