選ばれし者たちへ

ミハエル・クルム

                                                                                 »  概要に戻ります 

最高のバランスが生み出した “ドライバーと車がひとつになる”感覚。

レーシングと一般走行の両面から車を追求。

僕はレースで車の性能を限界まで追求していますが、乗用車の方が実は開発が難しい。なぜなら、サーキットは良い路面で良い車を作りますが、乗用車は凹凸や段差のある道から、山や峠など様々なシチュエーションで走行します。ALPINAの場合、サーキットで車の基本性能を限界まで磨くと同時に、乗用車に求められる様々な性能を高いレベルで追求しています。だから、スポーティなのに運転しやすくて、乗り心地も良い、完成度の高い車となっているのです。

完璧なバランスが生んだ “速くて安全、楽しく運転できる車”。

ALPINAの素晴らしさは、エンジン・足まわりなど構成要素すべてのバランスの良さによるものです。たとえば、エンジンはパワーもトルクも十分で、無理なく高回転まで回ります。その強烈なパワーで、コーナーにオーバースピードで入ったとしても、足まわりがしっかりしているので変な挙動をせず、ニュートラルな姿勢で曲がることができます。すべては、エンジンのチューニングや、足まわりのセッティングなど完璧なバランスによるものなのです。

飛ばしても乗れるけど、リラックスしても乗れる車。

ALPINAはオールラウンダーな車です。車を1台しか所有できないとしたら、ALPINA が1台あれば十分です。レースで磨いたスポーティな車でありながら、市街地、峠のワインディングロード、高速道路でのクルージング、どこでもOK。パワーがあってコントロールもしやすく、乗り心地もいいから、ドイツ本国でも大変人気があります。いくら速いスポーツカーでも、乗り心地が悪いと助手席の奥さんに怒られますからね(笑)。

言葉で説明しても分からない。乗ればすぐに分かる魅力。

ALPINA最大の魅力は、“ドライバーと車がひとつになれる”こと。エンジン・足まわり・ステアリング、すべて含めて、最高のバランスで整えられているALPINAだからこそ成せる技なのです。でも、この“ドライバーと車がひとつになる”感覚は、いくら言葉で説明しても分からない。逆にALPINAを1回試乗すれば、あまり運転経験のない人でもすべて分かると思います。営業マンの話は無視して、とにかく自分で体験してみて下さい。僕の言っていることは、乗ればすぐに分かると思います

  

D3 BITURBO - 試乗Impression

ギアを入れた瞬間にエンジンがかかり 驚異的なパワーとトルクが与えられる。

“ずっと運転していたくなる”楽しさ。

ディーゼルというと、僕も昔はディーゼル車に乗っていたけれど、あまりイメージはよくなかった。でも最近は、ル・マン24時間やラリーといったレースでも使われている、注目の車です。

まずALPINAのディーゼルエンジン搭載車“D3 Bi-Turbo”を試乗してみて、とてもレベルが高いのでビックリしましたね。第一、こんな格好のよいデザインの車にディーゼルを乗せてよいのかと思いましたよ。(笑)

エンジンをかけると確かに普通の車とフィーリングが違いますが、運転し始めるとツインターボが威力を発揮して1,500回転からいきなりパワーがあります。こんなパワーのあるディーゼルは初めて乗りました。特に、パワーとアクセルのつながりが素晴らしくて、ずっと運転していたくなる楽しさです。

価格以上の価値を持った車。

たとえば町中では、信号から信号までの短い距離がとても楽しい。日本は渋滞が多いから、車がすぐに停まりますよね。その間はエンジン自体が停まっているので、とても静か。助手席の人と会話を楽しんだり、音楽を聴いてリラックスすることができます。そして信号が変わり、ギアを入れた瞬間にエンジンがかかり、たった2秒程度で驚異的なパワーとトルクが与えられます。

アクセルを踏むとその猛烈なパワーで一気に動きだし、1,500回転から6,000回転までツインターボの技術で同じトルクがずっと続くのです。また、フロントもリアも安定しているので、山に行けばコーナーを楽しむこともできます。

パワーがある。グリップもいい。そして、運転しやすくて乗り心地がいい。町中、山や峠のコーナー、高速道路、どこに行っても楽しめる。おまけにディーゼルだから、燃費もよくて地球環境にも優しい。

エンジンのパワー、足まわり、スタイリッシュな外観、そしてインテリアの素晴らしさを考えたら、D3 Bi-Turboは価格以上の価値を持った車です。

  

Profile

ドイツ・ロイトリンゲン生まれ。フォーミュラ・ニッポンや全日本GT選手権、SUPER GTなど、これまで多くのレースを勝ち抜き、輝かしい成績を長年収めてきている。デビューすると同時に、カートやフォーミュラーフォードで優勝。レーサーとしての頭角を現すと、すぐにハイダウンフォース、シングルシートマシンに乗り換え、初参戦のオペル・ロータスチャンピオンシップで優勝を手にした。それ以来、ニッサン、アウディ、オペル、トヨタなど大手メーカー所有のファクトリーチームに欠かせないドライバーとなっている。

www.michaelkrumm.com

                                                                                 »  概要に戻ります